maplewalnutscafe   mwc twitter mwc mwc mwc
工房の客人
先日工房にいらしてくださったお客さんと、「美味しい珈琲が飲めるお店」についてお話していて
私の今行きたいコースをお教えしたら、“行ってみました、よかったです”のご連絡をいただいてにっこり。
そう思えば、私達の工房にも、貴重な休日をあてて遠路はるばるいらしてくださるのだから感謝である。

今日はお昼に学芸員の方がいらして、ユウジさんと展示の打ち合わせ。
キュレーターとしてのお仕事は、最終の完成展示風景を目指してまとめていくすごい仕事だなあ…。
夕方には鉄職人さんとあれこれ作品作りの打ち合わせ。
職人同士の打ち合わせはいい感じである。(端で私は渋ーいオーラを感じる。)
あーならこんなで...と、まだ無い作品を作り上げていく工程は実にクリエイティブ。
レイヤードシリーズはこの職人さんのご協力あってこそである。いつもありがとうございます。


美術館の方々、ホテル支配人さん、ギャラリーオーナーさん、建築家の方々etc…
このごろバラエティに富んだ方々が工房を訪ねてくださる。
それぞれに何かの完成系にむかっているクリエイター、と私の目には映る。
時に私たちの関係ない話(特に少年野球関係...苦笑)をイヤな顔せず聞いてくださってすみません。

昔は"仕事場を見せてください…"とか、“独立したいと思っていて…”とか木工作家を志す方々が多かった。
毎週のように学生さんたちが訪ねてこられる時期もあったなあ…。
こういうことにも時代が反映されているような。