maplewalnutscafe   mwc twitter mwc mwc mwc
野球、さいごの試合をおえて....
yakyuichinen1.jpg
yakyuichinen2.jpg

息子のやってきた野球、今シーズンがおわって卒団となった。

暑い日も寒い日も、明け方から日が落ちるまで野球に没頭した日々だった。
群を抜いて厳しい練習をこなし、春から毎週のように試合にいどんできた彼ら。
25大会100を優に超える試合を戦いぬいてきたことだけでも凄いことだと思うが、
強いのに、実力はあるのに、決勝までいくのに、なかなか優勝を手にすることができなくて、
褒めて喜んであげられなくて、もうほんとにそれはつらくてつらくてだったけれど、
最後の大会は吹雪舞う中、見事な試合をみせてくれ、優勝旗をもちかえることができた。
喜びあい涙を流すこどもたちの表情が、なんというかもう、すごい、というしかない位心が震えてしょうがなかった。

おかあさんはあなたがうらやましい。
仲間に恵まれ、この1年、朝から晩までこの仲間たちと野球に熱中し、
貴重な貴重な経験をすることができたあなたがほんとにうらやましい。
監督が、あなたが入団してくれたことはとても大きいと言ってくれたよ。
これだけの成績を残せたのはあなたのおかげだって。
後から入団させてもらったあなたは、
厳しい練習にも一度も辞めたいとか弱音をはくことなくひたすら真面目に取り組み、
チームの役にたちたい、うまくなりたい、と努力をして、
自分で自分の居場所を作ったからだとおかあさんは思います。
打てないしダメ続きで怒られ続けで、ほんとに観てられなくて、
おかあさんが具合悪くなって観に行けなかった10月の大会で、
あなたは急きょピッチャーをすることなって、いいピッチングをしてバッティングでもチームに大きく貢献して、
はじめて優秀選手賞という個人賞をもらって帰ってきたね。
あれからあなたは変わった。
あなたなりに打てるようになってきて、声もますます出るようになって、サードの守備にも更に磨きがかかってきて、
チームみんなもいい感じになってきて、最後の方は応援しているのがとても楽しかったです。
あんなに野球が苦手だったおかあさんだったのに、応援できることがしあわせでした。
「自信」というのはここまで人を変えるものなのか、と気付かされました。
スポーツの感動を味わったのは、はじめてです。
それを息子やその仲間達のプレーから味わうことができたことはとてもしあわせなことだと思います。
ほんとうにありがとう。

もうこの仲間でのピカイチの守備を観れないとおもうととても寂しいけど、人生はそれぞれに先につづく。
この経験は一生の宝。支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れないで、
大事にしまって、これからの糧にすること。そして胸はって前にススメ!!