maplewalnutscafe   mwc twitter mwc mwc mwc
夏の終わりの覚え書き
朝、家族を送り出しながら、さといもを煮た。
土を落とし、皮をむいて、茹でこぼして、出汁とって、
洗濯そうじしながら、30分くらいことこと煮た。
今、鉢に入れて冷蔵庫で冷やしている。夜冷えたお芋を食べるのがたのしみである。

もう9月も4日をすぎている。煮物をしたのがあまりに久しぶりだったので、久しぶりにほっとしている。
ああ夏も終わったか、と自分がようやく正気を取り戻してきたような気がして、ほんとにほっとしている。

夏の間、息子は野球の4つの大きな大会を経験し、そのサポートをしながら、
私は育成会長職でなつまつりの運営に関わり、地元野球大会の来賓となり、草刈り等予定立てをし、
記念誌編集に関わり、秋の野球大会運営に関わり、放任しておいた娘と旅行をし、
よくやったというか、記憶がないが、
随分と家のことを放棄した。ほんとに放棄した。こんなに放棄したのは初めてだ。
今朝、煮物ができて、ほっとしている。
早いランニングマシーンの上を汗水垂らして走っていた中、
マシーンのペースが超ゆっくりになってくれたような感じだ。へんなたとえだけど。

もともといろんな物事を並行していくのが苦手なのもあって、実務として慌ただしかったのものあるし、
4時代起床が続き体が疲労していたのもあるけど、やっぱり気持ちだと思う。
とくに息子の野球に関わることが浮き沈み激しく、
それが家族単位でもあったり、また私がスポーツ界の感覚に慣れていないこともあって、
随分と気持ちが疲労した。娘もとばっちりをうけてしんどかったとおもう。

息子はふがいなかったとこ多々あり、怒られ当然、親もなんとか息子をちゃんとさせようと思ってしまって
彼の姿勢がダメだダメだ、と周りにいわれて、そのとおりだと親も叱咤するのだが、
なんかふっとしたときに、正直な本音に気付く。
母として、根っこの部分では「ほんとによくがんばってる」とおもっている。
もっとがんばっている子もいるし、もっと結果ださなきゃいけないと思うけど、
母としては本能的に、褒めたい、なでたい、と思っている。
でもそれがほんとに彼のためになるのかという葛藤もあり、その気持ちを押さえ、
彼はダメが続き叱り叱られるのだが、息子は叱られて叱られてしても、
野球と仲間が好きで野球を辞めようとしない。

昨日息子といっしょに、彼がずっとずっとほしいといっていたiPodnanoを買いに行った。
買ってあげようってお父さんと相談して決めたよ、と息子に言ったとき、
息子は「うそでしょ?」と信じなかったのだけど、
買ってもらってとっても興奮し喜んでいた。
ありがとうありがとうと言って嬉しそうな満面の笑みを何度も何度もみせてくれた。

こういう親の葛藤は、年のはじめから今年は、と覚悟している。
子供の小学校時代にかかわっていくのは今年で最後だ。育成会仕事だって最後だ。
もうぶれるのは終わり。自分のことも大事にして、腰をすえて日々を過ごしていこうと思っている。
随分と涼しくもなってきて、夏と秋の境目を感じ、
大事なことも、好きなことも、ちょっと落ち着きを取り戻して再確認できそうな気がしている。
娘とふたりで
disney.jpg


夏休みの終わり、娘とねずみの国に行ってきた。
夏休み、娘にはいろいろ協力してもらった。今回は彼女の長年の夢がかなった2日間。

よかったことは、
食物アレルギーに関して充分なサービスを受けられたこと。
そして、たくさんの人々を見たこと。

娘とのふたり旅。いいものだ。
もっといろんなところに出ていろんなもの見たい。





お盆縁日
815bon1.jpg

ビアガーデンにいった後、善光寺さんのお盆縁日へ。



815bon2.jpg


タグアナッツの帯留めをして。

日が落ちると随分と涼しくなるようになって、
下駄をカランコロンさせながら長門屋のかき氷を食べに向かったら、目の前でのれんが降りる….。
戸隠と松代
813soba.jpg

戸隠に、蕎麦打ち体験に連れて行ってもらった。
坊主蕎麦を打つの図。なかなかの蕎麦包丁使いだった。
一緒に行った姪っ子は9回目なので、慣れたもので、私もいろいろ教えてもらった。
蕎麦七割、薄くのして広げるのがとてもむずかしい。コツがいると実感。
打ち立てを厨房でゆでてもらって食べる。きしめん風もご愛嬌、とても風味豊で美味しかった。
蕎麦打ちは、生地をねかせる時間などもなくて手早さとの勝負だから、いさぎよくていいなと思った。



実家のお仏壇に手をあわせに行き、今から松代の温泉に行くんだと言ったら、
おばさんが「近くの寺に、おじいちゃんの句碑があるよ」と教えてくれた。


813otera.jpg

温泉で道を訪ねたものの少し迷った。が、ついた先には立派なお寺があった。



813kuhi3.jpg

813kuhi.jpg

旦那の祖父は俳人。祖父の句が刻まれた碑はこんなに大きかった。


奥の池に光が射していた。

813ike.jpg

813ike2.jpg

813ike4.jpg

813yama.jpg



「お盆にひ孫達が句碑を見に来た、って爺ちゃん喜んでるわ 」と義姉。

813kuhi2.jpg
なつまつり終わったー!
祭り1.jpg

祭り2.jpg

祭り3.jpg

祭り4.jpg


なつまつり終わったーーー!!
御神輿、無事巡行できたーー!
(ミニスカートもはかず、さらしも巻かなんで済んだー)
ちびっこ達にアイス配れた、
スライムやペンや光るウチワとかケムリ出るのとかシャボン玉とかも完売!
ボンボンも完売!ワンピースくじも完売!セサミくじも完売!スーパーボウルも完売!
花火もたっぷり用意して完了。
あー無事おわってヨカッターー!!

毎年わたあめ作りに情熱を燃やしているというイシグロさんの前には
長蛇の列だったなあ…(おそいし…苦笑)
こどもたちが、イシグロさんのことを “ラジオ体操のおじいさん” って呼んでたなあ。
イシグロさんはラジオ体操にも情熱を燃やしていたからなあ。

子供花火に命かけてるアゼガミの爺さんの仕切りもすごかったなあ。
まだ明るいのに「雨ふりそうだからはじめる!!!」って言って聞かなかったからなあ。
でも火を付けるろうそくを入れる缶はアゼガミさんのお手製。
おかげでこどもたちがわんさかいる中でも安心してできた。

気がつけば浴衣姿のおばあさま方が、やぐらの周りをぐるぐる踊っておられた。
どんなに周りが混もうが踊りつづけていた….。すごいパワーだ。
万が一時間に余裕ができれば浴衣に着替えてこようかとおもっていたが、よかった…。

おもちゃも完売して、花火もおわって、
役員でかんぱーい、
気がつけば焼きそばもキュウリも枝豆もとうもろこしも全部売り切れ…想定内だが。

祭りが終了して慰労会。
反省、ご意見ありますか?と聞かれたので、
「イシグロさんのためにも、わたあめの機械もう一個増やしてあげてほしいです。」と言っておいた。

いっちょあがり。お疲れ、自分。
1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41